原状回復の3つの疑問!

ナレッジ

原状回復費はなぜ高額になるのか?

①工事範囲が不明瞭

本来は原状回復工事範囲でない部分まで見積もりされている場合です。

・共有部分も含まれている。
・一部修繕だったが全部修繕となっている。
・通常損耗部分も原状回復に含まれている。

賃貸借契約上、原状回復義務となっていない部分については、貸主または管理会社に問い合わせを行い確認を行います。
また、通常損耗について義務となっている契約についてはこの限りではありません。

契約書や関連書類を確認して工事範囲を明瞭化することが大事となります。
明瞭化することにより費用削減の余地が生まれ価格を抑えることが可能となります。

②重層構造の業界

原状回復工事そのものは、貸主から受注した工事業者が行います。
しかし、工事業者は各種工事を協力業者に発注をします。
協力業者はさらに、職人などに仕事を発注する構造になっています。
間に入る業者数が多いため、最終的にはコストが高くなりがちです。
このような重層構造が原状回復工事の費用を高額化する原因の一つとなっています。

発注者の立場で、価格交渉、資材調達、施工管理など、工事・コスト・工程などをまとめて管理することが可能であれば、ムダな工数を減らすことができコスト削減が可能となります。

③借主が情報弱者であるから

借主は建築・不動産の経験が豊富で詳細な知識を持っている方はほぼいません。
原状回復工事の見積書の項目や妥当性については判断できないのが正直なところです。
また、契約書で原状回復の指定業者が決められていることが多く、相見積書の取得もままならないため、工事業者の言い値の金額で決まることも多いのです。
よくわからない場合は、専門家に相談することも問題解決の一つとなるでしょう。

関連記事一覧