オフィスの原状回復費用の相場

工事内容, 工事費用

オフィスの退去には、必ず原状回復工事が発生し、借主の義務となっていることがほとんどです。
費用については、立地条件や契約内容、汚れやキズの程度により大きく変わることがあります。また、原状回復費用は思っていた以上に高くなることが多いです。
オフィスの退去の中で、最も費用がかかることになるのが、原状回復費用です。早期に費用をつかむために、まずは見積もり取得を、優先的に行うことをお勧めいたします。後回しにする事で、慌ててしまうことが無いようにしたいですね。

原状回復費用の相場について

  • 小規模オフィス2~5万円/坪
  • 中・大規模オフィス場合5~10万円/坪
  • 最新インテリジェントオフィス 10万円~/坪

契約内容や立地、作業できる時間によって大きく金額が変わるのが原状回復費用です。

また、入庫時に大きな造作工事を行った場合や、照明機器、空調設備などを増減設・移設した場合は大きく費用がかかる場合があります。

オリンピック需要などで、昨今は建築費高騰の影響を受けて工事費用そのものの相場が高くなっていました。一時期より安くなっているもののまだまだ高いですね。退去日があるオフィス移転では時間的制約が大きく影響を受けることも否めないです。

オフィス原状回復費用が高く感じたら

  • 「想像をはるかに超える見積もり提示を受けた」
  • 「適正価格なのか、わからない。」
  • 「原状回復費の見積もりを後回しにして、予想以上で困った。」

まずは、契約内容の確認をいたしましょう。見積もりと契約を照らし合わせていきます。

また、借りた状態に戻すことが原状回復の意味ですので、大きな汚れやキズは直して返す必要があります。しかし、全部を新品状態にする必要はなく、クリーニングで大丈夫な部屋もあります。

環境負荷低減のため、リサイクル可能なものは次のオフィスで使用する。下取りサービスが可能なものは利用するなど、外部のサービスを上手く利用することにより、手間はかかりますが原状回復費用の低減にもなります。

原状回復費用の見積もりは、専門用語が多くてよくわからないのが実情です。専門家にご相談することで、ムダなコストやムリな部分を指摘してもらうことが可能です。無料の査定サービスを行っているので一度利用してみましょう。

安ければ安いほどいい訳ではない!?

原状回復は、ビル側が積極的に進めていくことがほとんでですが、テナント側も積極的に行動することがとても大事です。成果として原状回復費を抑えることができます。

コストを抑えたいために、必要以上のコスト削減を求めるあまり、交渉が難航しトラブルになるケースもありますので、必要な工事費用は出すようにすることが大事です。

よって、安ければ安いほどいい訳ではありません。
原状回復費をやすくするために、下記の点に注意をいたしましょう。

  • 契約内容をちゃんと理解する。
  • 専門家に査定を依頼する。
  • 時間的に余裕をもたせる。(早めの見積もり取得がキモです)

関連記事一覧