原状回復費用の内訳を理解しましょう

工事内容, 工事費用

適切な工事を選択する

オフィスでの退去の際には、使用状況により原状回復工事費用の差が大きくなることがあり、適切な工事を選択することを理解しましょう。

借主は原状回復義務がありますが、すべて最新の新しいものに変える必要はなく、費用を安価にする可能性も否定できません。

借主は退去する際には、床・壁・天井などをきれいにしてから明け渡します。その際に、全面すべてを張り替えなどを考えてしまいがちですが、借主が原状回復工事費用を負担していただければ、貸主としては新しくきれいなものになり嬉しい限りです。

しかしながら、全面すべての工事費用は高額になることが多く、必要性が希薄な場合も中にはあります。

一例ですが、入居期間が短く大変きれいに使用し目立った汚れや損傷もないのにも関わらず、全て新品にしなかればならないと貸主から依頼されて場合は、工事内容について費用が安くなる可能性があります。

修繕による原状回復工事

新品にしなくても、修繕による原状回復工事が可能であればかなり費用削減になります。

例えば、クロスを新品同様に修繕する方法があります。プロが見てもわからない程です。もちろん、大きな傷や汚れには難しいですが、新品に張り替えするよりも、早く対応もでき費用もかかりません。

また、床に使用しているタイルカーペットも汚れのひどい部分のみを交換することにより、全体が新品に近い見た目になります。

これらは、貸主と借主との合意が必要となります。合理的に貸主から張り替えを求められている場合、借主だけの勝手な判断で原状回復工事を行うと、返ってトラブルの元になりかねませんので注意が必要となります。

クリーニングによる原状回復工事

入居期間が短い場合は、部屋そのものが汚れを取り除くだけで十分に原状回復と貸主に認めてもらえる場合があります。

特に、クリーニングのプロが行うことによって、一般的な掃除と比べてより大きな効果が期待できます。

入居期間の短さだけではなく、汚れや損傷の程度によっては、全面張り替えなどを求められた場合は、クリーニングのみの原状回復工事はできないので、日ごろからオフィスをきれいにしようするように心がけましょう。

原状回復工事費用を安くするためには

原状回復をおこなってオフィスを明け渡すには、色々な方法を検討する可能性があります。

しかしながら、貸主が原状回復工事の業者を指定する場合が多くあり、借主が希望する内容を全てできるとは限りません。

可能であれば、専門家などからアドバイスを受けながら、希望する原状回復工事に近づけて行きましょう。

また、交渉の際には、押し付けるような方法論を展開することは避けたほうが良いです。契約内容などをしっかりと理解し、貸主と借主がお互い納得できる内容を確認しましょう。

関連記事一覧