オフィスの原状回復費用。値下げ交渉は可能か?

工事内容, 工事費用

オフィスにおける原状回復工事は、費用がどの程度になるのか見積もりが提出されるまでわからないことが多いです。
これは、契約内容や工事制約などにより大きく左右されるからです。
また、損耗状態が非常に悪く、原状回復の範囲などにより、費用も大きき異なります。
概算的な工事費用は、条件等にもよりますが、3~10万円/坪程度になりますが、最新式のオフィスになると10万円/坪を超える物件もあります。
最終的な費用は見積もり金額となりますので、坪単価での計算はあくまでも目安であることを留意する必要があります。

削減可能な原状回復はあるのか?

削減可能な原状回復項目を得るためには、賃貸借契約をよく確認した上で、見積もりの確認を行うことをお勧めいたします。
その中で、腑に落ちない項目やちょっとした疑問があればチェックしましょう。
見積もりの質疑応答は以外に時間のかかるものです。
退去が決定したら、速やかに原状回復の見積もりを取得することも大事となります。

原状回復は義務

原状回復が無い物件はオフィスなど事業目的での場合はありません。
つまり、必ず原状回復を行わなくてはなりません。
賃貸借契約書に原状回復に関する項目が記載されています。
退去時に原状回復に関して理解していなかったとなるとトラブルに発展する可能性がありますので、原状回復に関しても契約時に内容は必ず確認するようにいたしましょう。

オフィスは生活の一部、大事に利用しましょう

オフィスは日常の生活の中で多くの時間を過ごす場所となります。
退去時になって、貸主とトラブルになることを望む借主はいないと思います。
毎日のオフィス利用について、大事に利用することで、損耗状態もひどくならず良い状態となります。
社員全員で丁寧に利用することでより良い状態をキープすることが可能です。
そうすることで、原状回復費用の削減の一助となり得ますので常日頃心がけることが大事です。

関連記事一覧