解約通知期間とは?

スケジュール, ナレッジ

解約通知期間は誰のためのもの?

解約通知期間では貸主は次の借主を探します

解約通知期間があるので
貸主が解約通知期間中に貸主に「解約を伝える」ことによって、貸主は明け渡し日までの期間に次の借主を確保します。

解約通知期間の確認方法

解約通知期間は「賃貸借契約書」に記載されています。
賃貸借条件の項目に「解約の予告」または「解約の通知期間」という記載があり具体的な期間が書かれています。

解約通知期間の記載の他にも、違約金の発生条件や算出方法などが記載されていることがありますので、必ず確認するようにいたしましょう

解約通知期間日数の平均

オフィスは3~6カ月

借主の解約通知期間はおおよそ3~6か月前が平均的です。
貸主の場合は6か月以上前からとなります。
これは、借地借家法により、正当な理由がないと通知することができないことになっています。
正当な理由としては、
「建物を貸主地震が利用する必要性がある」
「建物の老朽化のため建て替えを行う必要がある」等があります。
しかし、借主が同意しなければ退去する必要もありません。

解約通知を行うべきタイミング

次のオフィスが確定する前に通知する

【メリット】移転先と現オフィスの二重払いをする可能性が低い

【デメリット】時間を掛けて移転先を探せない場合がある


次のオフィスが確定してから通知する

【メリット】移転先のオフィスを時間を掛けて決めることができる

【デメリット】「賃料の二重支払い」が発生しやすい

移転計画をしっかり行えば「二重払いをしないようにする」ことと「時間を掛けて移転先を決める」ということは可能です。

「早め早めに動く」ことが大変重要になりますので、後回しにしないようにいたしましょう。

解約予告の通知方法

解約通知は書面で提出する

契約書などに「解約通知は書面で提出すること」と明記されている場合が大半です。
しかし、もしもそのような記載がなかったとしても必ず書面で提出して、誤解などを生じさせないようにしましょう。

契約書では「解約通知は書面で提出」することと記載されています。
無用な誤解を招かないためにも仮に記載が無い場合でも必ず書面で提出するようにいたしましょう。

関連記事一覧